医科と歯科の連携
医科歯科連携の基礎知識を手に入れる
抗凝固薬を飲んでいる患者様の抜歯について、医科観点から松本先生に解説頂きました。
登録頂いたアドレスに無料セミナーの視聴ページをお送りします。
100% Privacy Guaranteed
この無料セミナーで学べる事
  • ​なぜ医科歯科連携がなかなか進まないのか。
  • ​医科歯科連携に関するよくある誤解について。
  • 医科歯科連携の為に知っておいた方がいいトピックの解説。
  •  抗凝固薬を飲んでいる患者様の抜歯について。薬剤の話(Warfarin と DOAC)の知識とともに。
登壇頂く松本先生をご紹介します

 

2006年神歯大歯学部卒。 歯学博士。11年に東海大医学部に学士編入。16年に卒業後,練馬光が丘病院にて研修。現在同院で内科専攻医。摂食嚥下における多職種連携,研修医・コメディカル教育が最近のテーマ。
医科歯科ダブルライセンス保有者であり、医科と歯科両方の観点から、もっとも効果が出る地域包括ケアシステムを医科の立場から実践ベースで構築中。現在は多職種勉強会やワークショップを開催して、患者様とその家族の為になる医科歯科連携の在り方を発信されている。

《著書》 
・終末期の肺炎 (分担執筆/口腔ケアパート)
・フレイル高齢者、これからどう診る?〜そもそもの考え方から現場対応まで、最新フレイル健診にも対応! (分担執筆)

松本朋弘先生(練馬光が丘病院 総合診療科 内科医)

Copyright © 2020 - PlusSumPartners